口内ケア

口内ケア


 
 
病気が重症化している多くの子は、口内環境が悪い子が多いです。
歯周病は万病の元です。
 
お口の環境が悪いと、ワンちゃん・猫ちゃんのお口が24時間菌製造機になって、ずっと病原体が血液中に入り続けます。
 
つまり、
 
・アトピー性皮膚炎や湿疹などの皮膚病
・動脈硬化
・心臓病
・腎臓病
・呼吸器系疾患
・糖尿病
・尿路疾患
 
 
などのリスクがあるということですね。
 
いくら口内ケアを頑張っていても、ワンちゃん・猫ちゃんの
 
・お口がくさい!
・お口の中にヌメリがある
・食べた後の器がヌルヌルしている。
・歯茎が腫れている

 
ということは、口内環境の改善が出来ていないということですね。
 
それは病気になるサインかもしれません。
お金と時間と労力を使って、せっかく頑張っているのに、結果が出ないなんてもったいないです。
それに、我慢してくれているワンちゃん、猫ちゃんもかわいそうです。


 
 
猫ちゃん・ワンちゃんにも結果がでる正しい口内ケアを!
 
歯磨きも大事ですが、お口の中の環境改善がもっとも大事です。
 
口内ケアの重要性はわかってはいるけど、でも、なかなかワンちゃん、猫ちゃんの歯磨きは難しい!
 
いきなり歯磨きは難しいかもしれませんが、お口の除菌だけならできるのでは!
 
いきなり完璧な口内ケアを求めるのではなく、まず、植物エキスや乳酸菌の味になれてもらう、シリンジに慣れてもらうことから始められてはいかがでしょうか!
 
お得な口内ケアセットを使って、体内汚染の入り口を止めましょう!
 
口内ケアセットは、
 
・口内ケア(口内除菌)
・腸内ケア
・環境除菌

 
の3つができるすぐれもの!!
 
 

口内ケアセットのお買い求めは、
 
【犬猫兼用】口内ケアセット こちら
 
<徳用セット>【犬猫兼用】口内ケアセット こちら

 
 
口内ケアに慣れてきたら、一列歯ブラシを使うのがオススメです。
ペットショップで販売しているいろいろな歯ブラシを試し、人間の子供用の歯ブラシも試しましたが、やはりきちんと歯と歯茎にフィットするのがこの一列歯ブラシでした。
 

一列歯ブラシの買い求めは、

一列ハブラシ  こちら

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    PAGE TOP