セミナー

体に影響を与えるもの、おもしろい解剖学のセミナー



講座スケジュール

2020年10月28日(水)【午前の部】9:30~12:30
            【午後の部】13:30~16:00
開催場所 西宮市民会館



【午前の部】

『テーマ』

◆体に影響を与えるもの

〇病原体について

・腸内で影響を与える病原体
・各臓器に影響を与える病原体

腸内細菌が作り出す毒素について
腸管出血性大腸菌、ベロ毒素、志賀赤痢菌など

呼吸器に影響を与えるもので抗菌薬が効かない結核菌、マイコプラズマについて


〇電磁波(5G)の影響について

・第5世代無線通信システムの5Gとは?
・Wifiなどネット回線について
・電磁波の影響

5Gは電磁波に低周波電波を混ぜるという「加工」がほどこされているといわれています。
異なる性質を混合させた5G回線は、自然界には存在しません。

電磁波が体内に与える影響について
その対策について

盛りだくさんでお伝えさせていただきます。


【午後の部】

『テーマ』

◆おもしろい解剖学

解剖学者 三木先生の考え方

「こころ」は体のどこにあるのか?
「胃袋は太陽系の運行に、いわば共鳴している」
「ひとつの内臓感覚をとっても、遠い宇宙の彼方との共振によって、支えられている。」

体の臓器に、このような宇宙との共鳴などと考えたことが今まであったでしょうか?
一日は24時間、一年は12か月、これらは私たちが暮らしている地球と月と太陽の関係による。

脳幹から出る神経の数、胸椎、肋骨、そして十二指腸など、私たちの体には「12」という数字があります。

・一本の管 消化器について

幽門を超えると、長い長い腸がはじまります。
十二指腸は”消化の中心地”、その長さが指幅12本に相当するところから十二指腸と呼ばれています。
胃袋は”わが道を行く”といったところがある

・呼吸器について
呼吸器系は後から付けられたもの。
呼吸は自分の意思で止めることができる。しかし、胃や腸の動きは自分の意思で止めることができない。

それどころか、動いているかどうかもわからない。

・循環器について

心臓から出る血管を「動脈」と呼び、心臓に入る血管を「静脈」と呼ぶ。
静脈→右心房→右心室→肺動脈→(肺)→肺静脈→左心房→左心室→動脈
肝臓の関所を通過してやってきた消化器官からの静脈
静脈というのは、単に動脈からの残りカスを運ぶだけの血管ではない。

・神経叢
交感神経、副交感神経、迷走神経、内臓神経

この神経叢のしくみがわかると、腰や後足などの問題が泌尿器にある可能性も納得できるのでは。


おもしろい解剖学のことを盛りだくさんでお伝えさせていただきます。


【開催日時】 2020年10月28日(水)

【午前の部】 9:30~12:30 
◆体に影響を与えるもの

【午後の部】 13:30~16:30
◆おもしろい解剖学

【場所】 西宮市民会館

西宮市民会館
阪神西宮駅「市役所口」改札北へ徒歩1分
阪神梅田駅から西宮駅まで 阪神電車特急で約15分です。

【費用】

午前の部のみ 5,500円
午後の部のみ 5,500円
午前と午後両方 9,000円

【定員】各講座 12名様

定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

セミナー【お申込み】

☆お申込みは、こちらをクリックして下さい

ご興味のある方は、ぜひご受講ください。
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

    PAGE TOP